• ホーム
  • クラミジアの症状と感染経路

クラミジアの症状と感染経路

落ち込む男性

日本では若い女性に感染例が多くなっているクラミジアは、クラミジア・トラコマチスという細菌が原因となり起きる病気です。
感染経路は主に性行為で、菌があるところに接触することで人から人にうつるため、コンドームを使わなかったりオーラルセックスをしたりするとうつる確率が高まります。
妊婦がクラミジアを発症している場合、出産時に産道に触れる新生児が感染し生まれてきてしまうことも増えています。

女性は感染者のおよそ80%は無症状であることから、感染に気付かずにパートナーにうつしてしまうことが多いです。
症状が現れてもおりものの量が増え、生理痛のような軽い痛み、性器のかゆみなど感染していなくても体調により起こり得る変化であるため、気づきにくく悪化させてしまうことがあります。

感染しているのに治療を行わず、長く菌を保持していると不正性器出血を起こす人もいて、子宮頸管炎や子宮内膜炎に卵管炎、骨盤腹膜炎などにまで至ってしまうと厄介です。
早期に治療を行わなければ不妊や流産に早産につながり、卵管の癒着が見られたり閉塞が起きたり、陣痛を誘発する物質が増えてしまうこともあります。
妊娠や出産を希望している人は、自覚症状がなくてもクリニックで性病検査を受け、早めに対策を講じましょう。

男性もおよそ50%から60%の人は感染しても無症状であるため、クラミジアはピンポン感染が起こりやすい病気です。
男性の症状は現れると自覚しやすく、尿道がかゆく排尿時に痛みが伴い、副睾丸に痛みを感じるようになります。

性器以外でもキスなどにより眼の粘膜やのどに感染する場合や、肛門から直腸に感染してしまうことがあります。
眼はトラコーマと呼ばれる結膜炎になり、悪化すれば失明につながる恐れがあり危険です。
のどは風邪を引いた時に似た症状になり、やがて咽頭炎や扁桃腺炎になることがあるため注意しましょう。

性行為をして感染したあと潜伏期間が1週間から長いと3週間ほどあるため、すぐにクリニックに行ってもわからない場合があります。

クラミジアの検査方法と治療薬

クラミジアに感染している可能性がある場合、クリニックで検査を受けることで的確な判断ができます。
検査方法として男性は採尿し、女性は膣分泌物を採取して陽性反応が出るかを調べます。
クリニックによっては即日結果が出る場合もありますが、正確に調べる場合もっと時間がかかり、男女とも受けられる血液検査で血中クラミジア抗体を調べた場合は5日程度かかるでしょう。
クリニックに行けない場合は、検査キットを取り寄せ自分で検体を採取し郵送で調べてもらうこともできます。

陽性反応が出たとき治療に用いられるのは内服薬で、広く知られている薬にジスロマックがあります。
アジスロマイシンという有効成分が使われていて、1回飲めば1週間から10日ほど成分の作用が働くことが特徴です。
治るまでには個人差があり1週間で大丈夫な人もいれば長くかかる人もいて、1か月間くらいが一般的な治療期間になります。

ジスロマックは服用する回数が少なくて済む薬で、アジスロマイシンの成分効果は高いですが、処方された分を飲み切ったらもう一度検査を受けることが大事です。
少しでも菌が残っていると、再発する可能性が考えられるためです。

性的関係があるパートナーと一緒に検査と治療を受けることが大事で、どちらか一方だけ治っても性行為をすれば再び感染してしまうピンポン感染がずっと続くことになってしまいます。
不妊や流産を避けるため女性はしっかりと治すことが多いですが、男性もパートナーのためにしっかりと対応しましょう。
不特定多数の人と性的関係を持っていると誰からうつされたのか判断できませんから、治療をした後は十分に注意して不特定多数との性行為はやめたほうが無難です。
性行為をする場合はコンドームを使うようにすれば、感染予防を行うことができます。

関連記事
HIV感染からエイズ発症まで 2019年12月12日

様々な性病の中でもHIV感染が最も恐れられています。HIV感染によって発症するエイズは、未だに不治の病という病気のイメージが強いからです。ただ実際はHIVウイルスは非常に弱いウイルスで、人の体内でしか生きる事が出来ず、空気や水に触れるとすぐに死滅してしまいます。よって一緒に食事をする、トイレやお風呂...

コンジローマの感染率・発症率に注目 2019年11月07日

コンジローマは性病として知られていますが、ウイルスによって感染する病気です。ただ、ウイルスに感染したからといって、必ずしも症状が出るわけではありません。コンジローマの原因となるのはヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスで、20代の女性の40%がこのウイルスを潜在的に持っていると言われています。ヒト...

カンジダの症状と対処方法 2019年10月13日

カンジダ症は女性に起こりやすい症状の一つです。女性は自ら自浄作用を外陰部や膣に持っているのですが疲れやストレスによってその自浄作用が弱くなり、発症しやすくなります。いわば誰でもなりやすい症状と言えます。カンジダ症の原因菌は,真菌という体にいる在来菌で、体の抵抗力が下がっているときに勢いを増してきます...

トリコモナスの症状と対策 2019年09月18日

トリコモナスは原虫が性器内に入って炎症などを起こすため、主に性行為によって男女共に感染する病気です。症状は女性で目立ち、膣トリコモナスに感染している女性と性行為することで男性にもうつってしまうことが多く、男性同士の場合はうつりにくいです。男性は主に尿道にトリコモナスの原虫が入り込み、10日前後の潜伏...

性器ヘルペスの治療方法と再発予防 2019年07月09日

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス感染を原因とする性感染症の一種です。性器ヘルペスウイルスには1型と2型の二種類あることが知られていますが、80%は2型が原因になるとされています。性行為を介在して感染することから接触感染は感染経路で、感染した部位と直接接触することが必要で、インフルエンザのように飛沫...