• ホーム
  • カンジダの症状と対処方法

カンジダの症状と対処方法

カンジダ症は女性に起こりやすい症状の一つです。
女性は自ら自浄作用を外陰部や膣に持っているのですが疲れやストレスによってその自浄作用が弱くなり、発症しやすくなります。
いわば誰でもなりやすい症状と言えます。
カンジダ症の原因菌は,真菌という体にいる在来菌で、体の抵抗力が下がっているときに勢いを増してきます。
抗生物質を長く使っている時などにも起きやすいです。

カンジダの症状は外陰部や膣に痒みや痛みを感じます。
痒みや痛みはひどくなっていくこともあります。
そして、おりものも普段とは様子が変わってきます。
量が増えるとともに、酒粕のような、チーズのようなものが出てくるようになります。
それがカンジダ症の大きな特徴です。

先程申し上げたように、疲れやストレスなどから誰にでもなりやすく、そしてだからこそ再発もしやすい病気です。
痒みや痛み、おりものの変化を感じたらカンジダ症を疑い、婦人科の受診をすることをお勧めします。
早目に受診することで早く治ります。
自然治癒する場合もありますが、これを機会に婦人科を受診して自分の体のことをよく知っておくことも良いでしょう。
かかりつけ医を見つけるチャンスにもなります。
そして、症状が出ているときはパートナーがいる人は性交は慎むのが最善です。
相手に移してしまう可能性があるからです。

対処法としては、薬を飲んだり塗ったり、膣に直接錠剤を入れて治療するということもあります。
婦人科の先生の指示通りにしましょう。
そのお薬はクロトリマゾールで、商品名はエンペシドの可能性が高いのですが、初回は素人判断せずに、御医者さんの言うとおりにするのがよく、再発の場合は、その薬がクロトリマゾールで、商品名はエンペシドと、間違いがなければ薬局などでも購入することが出来ます。

そうしてお薬で治療するとともに服装にも注意をします。
通気性が必要ですので、清潔で通気性の良い服装を心がけます。
締め付けるものはやめておきましょう。
お風呂は毎日入り、清潔にすべきですが、石鹸は刺激が強いのでお湯だけで指の腹を使って患部をやさしく洗い流しておくのが良いです。

カンジダと症状が似ている病気

カンジダ症とよく似ている病気があります。
同じように外陰部がかゆくなったり、腫れぼったくなりますし、おりものにも変化が起きます。
ですが、先程申し上げた通り、カンジダ症の時のおりものは、酒粕のようでもあり、チーズのようでもあります。
ほかの似た病気としては、トリコモナス膣炎や細菌性膣症、そして子宮けい管炎、骨盤内感染症などがあります。
どれもやはり外陰部や膣に違和感を感じ出し、痒みや痛みも起きやすいのですがおりものに特徴があり、カンジダ症とはまた全く違うものです。

素人ではそれらを正しく判断することはできませんし、治すためのお薬も全く違うものですので、正しい判断が必要です。
治療に必要な期間はどれも数週間で、そんなに長くはなく、診察の後は自宅で膣にお薬を自分で入れたり、服用したり、そして患部にクリームを塗るということで直していけますので、面倒がらずに忙しくても時間を作り、受診をしたほうがよいです。
お医者さんは、毎日ではないかもしれませんが、夕方から夜もやっています。

また、そういった症状を一年に何度も繰り返してしまう場合はお薬が合わない場合もあるので、それもお医者さんに相談したほうがよいです。
症状が出ているときは体を出来るだけ休め、清潔を心がけるとともに通気性の良いものを身に着けて、パートナーのいる人は性交は慎むということを守り、治していきましょう。

まだ独身の方は特に家族には言いにくいかもしれません。
でもそのままでは悪化していく可能性があり、場合によっては不妊の原因になる事もあります。
自分の体を守れるのは自分です。
自分の体のことは自分がまず気づきますので、悩んでいないでお医者さんにまず行って、早く治しましょう。

関連記事
コンジローマの感染率・発症率に注目 2019年11月07日

コンジローマは性病として知られていますが、ウイルスによって感染する病気です。ただ、ウイルスに感染したからといって、必ずしも症状が出るわけではありません。コンジローマの原因となるのはヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスで、20代の女性の40%がこのウイルスを潜在的に持っていると言われています。ヒト...

トリコモナスの症状と対策 2019年09月18日

トリコモナスは原虫が性器内に入って炎症などを起こすため、主に性行為によって男女共に感染する病気です。症状は女性で目立ち、膣トリコモナスに感染している女性と性行為することで男性にもうつってしまうことが多く、男性同士の場合はうつりにくいです。男性は主に尿道にトリコモナスの原虫が入り込み、10日前後の潜伏...

性器ヘルペスの治療方法と再発予防 2019年07月09日

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス感染を原因とする性感染症の一種です。性器ヘルペスウイルスには1型と2型の二種類あることが知られていますが、80%は2型が原因になるとされています。性行為を介在して感染することから接触感染は感染経路で、感染した部位と直接接触することが必要で、インフルエンザのように飛沫...

クラミジアの症状と感染経路 2019年08月14日

日本では若い女性に感染例が多くなっているクラミジアは、クラミジア・トラコマチスという細菌が原因となり起きる病気です。感染経路は主に性行為で、菌があるところに接触することで人から人にうつるため、コンドームを使わなかったりオーラルセックスをしたりするとうつる確率が高まります。妊婦がクラミジアを発症してい...

口唇ヘルペスの再発率と治療方法 2019年06月28日

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルス感染を原因として、口のまわりや周囲の皮膚表面に水ぶくれができるウイルス感染症です。患部への直接的な接触以外にも、ウイルスが付着した食器やタオルなどを介しての家族間感染が良く見られます。従前はほとんどの方が幼児期での、家族間感染によって口唇ヘルペスに感染していましたが...